ホットヨガの基礎知識

ホットヨガと普通のヨガ(常温ヨガ)の違いって何?おすすめな方を紹介

ホットヨガと常温ヨガの違い

健康増進やダイエット、その他にもメンタル面の向上のためにヨガを利用する人が増えています。

ヨガはインドを発祥の地とし、その後世界各国で実践されるようになったアクティビティの1つであり、様々なポーズのを行う中で正しい呼吸法を学び、心身ともに健康な状態を作り出すことを目的とします。

「ヨガ」と一口に言っても種類が様々あり、行う内容によって効果も変わってきます。

ヨガを大別すると通常のヨガである “常温ヨガ” と、高温多湿の状態で行われる “ホットヨガ” があります。

ダイエット目的や、冷え性・むくみを改善したい人にとってはホットヨガの方がおすすめですが、今回は常温ヨガとホットヨガの特徴から違い、それぞれのヨガがおすすめの人について解説していきます。

ヨガに興味があるけれど、常温ヨガとホットヨガのどちらが自分に合っているのがいまいちわからないという方は、是非参考にしてください!

ホットヨガ・常温ヨガの特徴

以下では、ホットヨガと常温ヨガの特徴について解説していきます。

常温ヨガは普通のヨガ、温かい環境で行うヨガというのはわかっていても、その具体的な定義や効果についてもう少し詳しく解説していきます。

ホットヨガの特徴

まずホットヨガの特徴について解説します。

ホットヨガは、室温を39度前後、湿度を60%ほどに設定した部屋で行うヨガを意味します(スタジオによってはこれより高温もしくは低温で行うところもあります)。

これだけの高温多湿の状況であれば何もしなくてもかなり暑いですが、さらにここにヨガの動きを取り入れていきます。

温かい環境で行うということにより、発汗作用を促すことができます。

汗をかくことで筋肉がほぐされ、身体を動かしやすくなりますので、普段運動をしない人、身体が硬いという人でも比較的楽に行えます。

温かい環境で行うヨガがホットヨガですが、そのメリットは以下のようになります。

まず、老廃物の排出効果が期待できます。

高温多湿の環境で身体を動かすことにより、発汗を促進できます。

汗をたくさんかく中で、体内の老廃物や毒素を外に出しやすくなりますが、それによりダイエット効果やむくみの解消効果も期待できます。

注意が必要なのは、普段汗をかかないという人でもかなりの量の汗をかくことが予想されるため、こまめに水分補給を行う必要があるということです。

水分補給をしっかりと行わないと脱水状態になってしまったり、血液がドロドロになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、ホットヨガを行うことにより普段よりも筋肉を伸ばしやすくなりますが、自分の限界を超えた範囲で伸ばそうとすると、それが怪我の原因にも繋がりますので、無理のない範囲で行うということも大事です。

最後に、ホットヨガが行われる環境は細菌にとって好ましい環境であるため、清掃の行き届いた環境で行うことが大事です。

ホットヨガは自宅で行うことはできず、スタジオに通うのが基本ですが、スタジオ内が清潔に保たれているかどうかを確認することも大事です。

大手のホットヨガスタジオは各地にスタジオを持ち、清掃マニュアルも用意しているはずですので、安心感は高いといえるでしょう。(引用元:ホットヨガ、その効果とリスクhttp://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201404_05.pdf)

常温ヨガの特徴

続いて、常温ヨガの特徴について解説します。

常温ヨガはホットヨガとは異なり、特に室温や湿度をコントロールせずに、通常の環境で行うヨガになります。

常温ヨガで特に意識して行われるのは呼吸法です。

ヨガは元々インドより輸入されたものですが、その目的は肉体的な健康だけでなく、精神面の安定を得る点にあります。

ヨガの動きについては後ほど詳しく解説しますが、非常に多くの動きがあります。

それぞれの動きの中で大事になるのは、心を落ち着けて正しい呼吸をしながら行うということ。

精神を整える方法として瞑想が注目を集めていますが、ヨガにも瞑想の要素があり、呼吸を意識しつつ自己の動きに集中することで精神面が改善され、ストレスの解消にもつながるとされています。

実際にヨガの心身に及ぼす研究結果も出されています。

研究によると、40名の男性に対してヨガの呼吸法と単純に横になって休息した場合を比較したところ、ヨガを行った方が酸素消費量と呼吸数が低下して呼吸量がアップし、総合的なリラクゼーション効果が得られたとされています。

その後の複数の実験でも同様の効果が確認されている他、ヨガによって意識の集中や脳の平穏をもたらす効果があるとされています。(引用元:ヨガの心身の健康効果についての文献リビューhttp://www.i-repository.net/il/user_contents/02/G0000031Repository/repository/keidaironshu_059_003_139-147.pdf)

ホットヨガと常温ヨガの違い

次に、ホットヨガと常温ヨガの違いについて解説します。

それぞれのヨガの特徴については上記で解説しましたが、これらヨガの違いについて解説していきます。

ヨガを利用する目的によってどちらを選択するかが異なりますので、違いを比較の上でどちらを行うかを決めるといいでしょう。

運動効果の違い

まず、運動効果の違いが挙げられます。

ホットヨガは高温多湿の状態で行われ、強い発汗作用が期待できます。

汗をかくことのにより代謝が高まり、筋肉の伸展もしやすくなりますので、高い運動効果を得ることができます。

ホットヨガの動きは激しいものはありませんが、やはり温かい環境で身体を動かすことでかなりの汗が誘発され、それが結果として高い運動効果に繋がります。

一方で常温ヨガの場合は、運動効果というよりは正しい呼吸法を身に着けてリラックス状態をつくるということに主眼が置かれます。

もちろん、ヨガの様々な動きの中で体幹を鍛えたり、インナーマッスルを鍛えたりすることもできますが、いかに正しく呼吸をして無の境地を作れるかということがメインになります。

ポーズの種類の違い

ホットヨガと常温ヨガでは、レッスンで取り入れるポーズや種類に違いがあります。

ホットヨガでは基本的なポーズに終始し、そこまでバリエーションのある動きはしない一方で、常温ヨガの場合は様々なポーズをしますし、また同じ常温ヨガでも実に多くの種類のヨガが存在します。

ヨガはホットヨガと常温ヨガに大別されるものの、常温ヨガ自体にも様々な種類があります。

例としては、

・ハタヨガ
・パワーヨガ
・ヴィンサヤヨガ
・アイアンヨガ
・アシュタンガヨガ

などです。

パワーヨガに関してはホットヨガでも取り入れられることがありますが、その他のヨガについては常温ヨガで行われます。

扱うポーズによって違いがありますが、ヨガの中級者以上でないと行うのが難しいヨガポーズもあります。

ホットヨガでは基本的なポーズがほとんどですので、ヨガの経験が無いという方でも行うことが可能です。

その他、現在ではヨガもかなりアレンジされてきており、例えば犬と一緒に行うドッグヨガ、ペアで行うアクロヨガなどがあります。

また水上で行うヨガもあり、よりエクササイズとしての要素を強めたヨガも登場していますので、常温ヨガでありながらより運動強度を高めたいと考えている人には、こうした新しいタイプのヨガがおすすめです。

ホットヨガ/常温ヨガがおすすめな人

ホットヨガと常温ヨガの特徴や違いについて解説していますが、ではどちらのヨガを行う方がいいのでしょうか。

結論から言いますと、どちらのヨガにもそれぞれのメリットや特徴がありますので、どっちが優れているということはありません。

ヨガは女性の方が行うケースが多く、それゆえに女性特有の悩みを解消するという意味ではホットヨガと常温ヨガのどちらかを行うかが変わってきます。

ホットヨガがおすすめな人

まず、ホットヨガがおすすめな人について解説します。

ホットヨガがおすすめな人としては、運動不足の人、食生活が乱れておりダイエットしたい人が特に当てはまります。

ホットヨガの特徴は高温多湿の状態でヨガのポーズを取ることで発汗を促し、老廃物の排出や冷え性の解消、運動不足の解消という効果が期待できます。

女性は男性と比べて血行が悪く、冷え性になりやすいという傾向があります。

冷え性の方は冬場はもちろんですが、夏場の冷房の中でも辛さを感じてしまうこともありますので、改善したいと思っている人は多いはずです。

運動不足の人は筋肉が凝り固まっている傾向にあり、いきなり激しい運動を行うと筋肉や関節を痛める可能性もありますが、ホットヨガのように高温多湿の環境でゆっくりと身体を動かすことで筋肉を柔らかくすることもできます。

常温ヨガがおすすめな人

また、ヨガの豊富なポージングをマスターしたいと考えている人にも、常温ヨガはおすすめです。

また、ホットヨガのような高温多湿の環境で行うのに少し抵抗があるという人にもおすすめできます。

ヨガを本格的に極めようとおもうとかなりの数のポーズを覚える必要がありますが、これらをマスターすることにより精神的な落ち着きを生み出すことができます。

日々落ち着いた自分を手に入れたい、ちょっとやそっとのことでは動じないメンタルを作りたいという人には、常温ヨガがおすすめです。

女性の悩み解消におすすめなのはホットヨガ!

ホットヨガ・常温ヨガのどちらも特徴やメリットが異なりますが、女性の悩みを解消するという面ではホットヨガをおすすめしたいと思います。

冷え性の女性は多く、また筋力に関しても女性は男性よりも少ないという身体的特徴を持ちます。

これらの問題を同時に解消することができるという意味では、ホットヨガの方が効率的であると言えます。

最終的には好みの問題も大事になってきますので、まずはご自身の抱えている悩みを考えたうえで、その悩みを解消できると考えるヨガを行うといいでしょう。

まとめ

以上、ホットヨガと常温ヨガの違いについて解説してきました。

ヨガを行う環境が違うだけで、得られる効果も異なってきます。

今回ホットヨガと常温ヨガの特徴やおすすめの人について解説してきましたが、これらを参考にしつつ、まずは両者を体験したうえでどちから1つに絞ることをおすすめします。

全国のホットヨガ

エリア 都道府県名
北海道・東北 北海道 | (札幌) | 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城(仙台) | 福島
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 神奈川 | (横浜)| (川崎)
東京 新宿 | 渋谷 | 目黒 | 池袋(豊島・文京) | 銀座 | 世田谷 | 品川 | 葛飾・江戸川・足立 | 杉並・中野・練馬 | 板橋・北 | 上野・秋葉原(台東・千代田・荒川) | 墨田・江東 | 北多摩 | 南多摩・西多摩
北陸・甲信越 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | (名古屋) | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | (大阪市) | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

-ホットヨガの基礎知識

Copyright© ホットヨガ調査隊 , 2019 All Rights Reserved.