ホットヨガと健康

ホットヨガで大量の汗をかき過ぎるのはダメ?むしろ汗はかかないとキケン!その理由とは

ホットヨガと言うと、滝のように汗を流しながら行うイメージはありませんか。

何となく、汗をかくのは良いことのように思いますが、汗のかきすぎは逆に身体に悪いような感じがするかもしれません。

たくさん汗をかくことのメリットとデメリット、身体への影響、トラブル対策をまとめました。

ホットヨガでかく汗はサラサラ!

汗は、皮膚にある汗腺という器官から出ます。

人間の身体は、便・尿・汗・髪の毛・爪などから老廃物を排出しますが、中でも汗は体内の水銀や鉛などの化学物質をデトックスする効果があります。

ホットヨガは、室温35~40度、湿度55~60%の高温多湿の環境で行うため、大量の汗をかくのが特徴です。

汗の量には個人差がありますが、60分のレッスンで約1Lもの汗が出ると言われています。

「汗をかく」というと、ベタベタした汗をイメージしませんか?

ホットヨガでかく汗は、ベタベタするものではなくサラサラの汗なのが特徴的です!

ホットヨガは身体の内側からじんわり温め、全身の汗腺を目覚めさせ、体内の毒素をデトックスする効果があると言われています。

サラサラ汗=良い汗

良い汗は無臭で、汗粒が小さくサラサラしています。

汗腺が活発に働いているので、ミネラルなど必要な成分を体内に残して、不要な水分や老廃物などを体外に排出します。

ベタベタ汗=悪い汗

悪い汗は、塩分やミネラルが含まれたベタベタした嫌な臭いのある汗です。

しょっぱく、汗の粒が大きいのが特徴で、汗腺の働きが弱っている可能性もあります。

また、食生活が乱れていたり、睡眠不足、運動不足などで汗腺が機能していない場合も考えられます。

ホットヨガで汗はかくもの!かかない人は要注意

・デスクワークが多い
・冷暖房が効いた部屋で過ごすことが多い
・運動不足
・低体温
・冷え性

これらに該当する人は、休眠している汗腺が多く、汗をかきにくい可能性があります。

エアコンを使う習慣が多い人は注意!

冷暖房の効いた部屋で過ごすことの多い人は、体温調節する能力が低下してしまいます。

すると、体内に熱を閉じ込もり、汗をうまく外に出すことが出来にくくなるのです。

汗をかかない生活を続けていると、夏の暑い時期などでうまく汗をかけず、体内に熱がこもって熱中症になりやすいと言われています。

冷え性の原因に

汗をかかないと、体内の水分量が多くなり冷え性の原因となります。

冷え性は新陳代謝の低下になるので、痩せにくい身体になったり、便秘、肌荒れを引き起こします。

つまり、体内の毒素排出の役割が低下していると言えるでしょう。

ホットヨガの発汗効果はメリットが多い!

・体内の毒素が排出される
・体温調節ができる
・代謝が上がる
・むくみ解消
・肌が綺麗になる
・リフレッシュ
・ストレス解消

続けるうちに汗の質が変わる!

ホットヨガを始めたばかりの頃は、ベタベタの汗をかいていた人も、継続することでサラサラ汗に変わっていきます。

サラサラの汗が出るようになってきたということは、汗腺が目覚め、きちんとデトックス出来ている証拠です。

汗をたくさんかいたときに気をつけたいこと

たくさん汗をかくことが良いことだということは分かりましたが、気をつけたいことはどんなものがあるか見ていきましょう。

水分・塩分不足

レッスン内容や時間、体質によって変わってきますが、一般的に60分のホットヨガのレッスンで1L程汗をかくと言われています。

この時、汗と一緒に身体に必要な塩分などのミネラルも排出されます。

ミネラルや塩分が不足すると、手先やつま先など末端が痺れたり、血圧が低下して頭痛、めまい、貧血などの体調不良を引き起こします。

特に夏の暑い時期にホットヨガを行う際は、普段の生活だけでミネラルを失う上に、ホットヨガで大量に汗をかくことで更にミネラル不足となります。

ミネラルを補うには、魚介類、小魚、海藻類、豆類、野菜、肉、乳製品といった食事から摂れますが、手軽に補給できるのがスポーツドリンクです。

ただし、スポーツドリンクは糖分やカロリーが多いので、ホットヨガ中に飲むときは水やお湯で薄めましょう。

汗疹(あせも)

大量の汗をかくホットヨガは、身体がウェアに締めつけられることで、皮フに汗がたまりやすいです。

汗で不快な気分になるだけでなく、肌が痒くなったり汗疹ができるなど、肌のトラブルが起こりやすくなります。

そんな時は、スキンケアをしっかりと行いましょう!きちんとスキンケアを行うことで肌の調子を整え、汗疹を防ぎます

どうしても痒みが治まらなかったり、悪化してしまった場合は、我慢せず早めに病院へ行きましょう。

汗の臭いが気になる

汗の臭いが気になる人は、レッスン前後にシャワーで全身の汗を洗い流し、身体を清潔な状態に保ちましょう。

時間がない場合は、汗拭きシートや濡れたタオルなどで身体を拭き取るのもOKです。

体臭対策には臭いを除去してくれるポリフェノールが効果的です。

特に、柿渋にはポリフェノールが多く含まれ、安全に臭いを除去する効果があるので、成分表に柿渋と書いてあるボディソープを使うと良いと思います。

また、食生活によっても汗の質は変わってきます

肉、油っこいもの、お菓子、ジャンクフードなどばかりを食べている人は、汗の臭いがキツくなったり、ベタベタした汗をかきやすいです。

汗の臭いが気になる人は、食生活にも気を付けましょう

ホットヨガでしっかり汗をかいてデトックスしよう

身体の内側からしっかりと汗をかいて、デトックスに効果的なホットヨガ。

ホットヨガでかく汗には様々なメリットがあります。

汗腺を活性化させて、質の良い汗をかいて心身共に美しくなりましょう!

全国のホットヨガ

エリア 都道府県名
北海道・東北 北海道 | (札幌) | 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城(仙台) | 福島
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 神奈川 | (横浜)| (川崎)
東京 新宿 | 渋谷 | 目黒 | 池袋(豊島・文京) | 銀座 | 世田谷 | 品川 | 葛飾・江戸川・足立 | 杉並・中野・練馬 | 板橋・北 | 上野・秋葉原(台東・千代田・荒川) | 墨田・江東 | 北多摩 | 南多摩・西多摩
北陸・甲信越 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | (名古屋) | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | (大阪市) | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

-ホットヨガと健康

Copyright© ホットヨガ調査隊 , 2020 All Rights Reserved.